中村元博士について

―インド思想・仏教学の世界的権威、比較思想の開拓者―
「一切の生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、安楽であれ」(中村元訳『ブッダのことば』)
 中村元博士はインド思想と仏教学の世界的権威であり、日本において比較思想という新しい学問分野の開拓者でもありました。
 インド哲学・仏教学の研究を出発点とされた博士は、日本の学問におけるセクショナリズムの壁を超えて、世界中の思想を比較研究する学問の道を示されました。その論文・著作は1500点を数え、今なお世界中の研究者に影響を与え続けています。


中村元博士と松江
「静かな中に奥行きのある気品―土地の人々の人情はこまやかで親切である」 (中村元『学問の開拓』)
 中村元博士は大正元年(1912年)11月28日、島根県松江市の殿町で生まれました。中村家は松江藩に仕えた武家の出であり、かつては松江市奥谷町にその屋敷がありました。生後まもなく家庭の事情で東京へ移り住まれることになりましたが、生涯を通して松江を愛しておられ、贈答の品には、松江の和菓子を買って贈っていたそうです。平成元年には東洋思想の研究が認められ、松江市名誉市民の称号を贈られました。

中村元博士の略歴
1912 11月28日、島根県松江市殿町に生まれる
1925 東京高等師範学校付属中学校入学
1930 第一高等学校文科乙類入学
1933 東京帝国大学文学部印度哲学梵文学科入学
1936 同大学大学院入学
   インド哲学を研究
1942 博士論文(『初期ヴェーダーンタ哲学史』)提出
1943 東京帝国大学助教授に就任、5月 文学博士
1951 『東洋人の思惟方法』が評価され、米国スタンフォード大学より客員教授として招聘
   以後外国から受けた招聘は50回を超える
1954 東京大学教授に就任
1957 日本学士院賞恩賜賞受賞(『初期ヴェーダーンタ哲学史』)
1960 『東洋人の思惟方法』がユネスコ国内委員会により英訳
1964 文学部長に就任、「文化交流研究施設」の設立に尽力
   第一類で初めて「比較思想」の講義を行なう
1966 近代インドの思想家にしてインド第二代大統領ラーダークリシュナンより
   「知識の博士(VidyAvAcaspati)」の学位
1967 オーストリア学士院遠隔地会員
   『仏教語大辞典』の原稿紛失、一ヶ月後再執筆開始
1970 財団法人東方研究会創立、理事長就任
   若手研究者の研究継続のための道を開く
1973 東京大学定年退官、同大学名誉教授、東方学院設立、学院長就任
   デリー大学名誉文学博士、ベトナム・バンハン大学名誉文学博士
1974 比較思想学会初代会長就任、紫綬褒章受章
1975 『仏教語大辞典』刊行 (毎日出版文化賞、仏教伝道文化賞受賞)
1977 文化勲章受章
1978 イギリス王立アジア協会名誉会員、ネパール国王より勲章
1982 ドイツ学士院客員会員、スリランカ・ケラニア大学より名誉学位
   中国・西北大学より名誉教授の称号
1983 比較思想学会名誉会長就任
1984 勲一等瑞宝章受賞、日本学士院会員就任
1989 松江市名誉市民
1994 第24代史跡足利学校庠主就任
1999 NHK放送文化賞受賞、『中村元選集』[決定版] 全40巻刊行完了
1999 10月10日逝去、享年86歳


姉妹機関:公益財団法人中村元東方研究所について

公益財団法人中村元東方研究所は、1970年に中村元博士によって創立された財団法人東方研究会を前身とし、現在も「東洋思想の研究およびその成果の普及」ために活動しています。
>>中村元博士生誕100年記念事業寄付者御芳名

※中村元記念館へのご支援は、お手数ですがNPO法人中村元記念館東洋思想文化研究所までお問合せください。詳細は こちら。

東方学院東京本校・関西校・中部校について

東方学院は、「真に教えたい一人と、真に学びたい一人が集まれば学院は成り立つ」という中村博士の理念に基づき、財団法人東方研究会を母胎として設立されました。現在も公益財団法人中村元東方研究所の運営のもと、東京本校、関西校、中部校では、現役大学生からご年配の方まで約200名の方が研究会員として、東洋思想について学び、研鑽を深めています。

※東方学院松江校へのお申込みは中村元記念館(運営:NPO法人中村元記念館東洋思想文化研究所)までお問合せください。詳細は こちら。